NEC(新野隆社長兼CEO)とBox Japan(古市克典社長)は7月11日、クラウド・コンテンツ・マネジメント分野で協業したと発表した。企業の働き方改革や業務の生産性向上を支えるソリューションを開発し、両社で提供していく。

 NECは2017年からオンラインストレージサービス「Box」を販売するほか、Boxと連携した製品開発、ID管理ソフトウェアやファイルサーバー統合管理ソフトウェアといったソリューションの提案、導入支援を行ってきた。今回、NECのデジタル経営基盤の中核を担う「ワークプレイス変革」のシステムにBoxを導入。迅速な情報共有やテレワークなど、従業員の意識改革や働き方改革に繋げることで、パフォーマンスや業務の生産性向上を目指す。
NECの顔認証技術活用例

 AIの分野ではNECの顔認証技術を活用したBoxへのログインや、自動応答技術を活用したエンドユーザヘルプデスクを顧客に提供する予定。またNECが開発している業種・業務に特化したパッケージソリューションと、世界で9万5000社が導入するBoxのユースケースを組み合わせ、顧客の働き方に関する課題を解決するソリューションを開発し、提供していく。またそれに伴い、NECはBoxの導入支援、顧客の業務システムとの連携開発などを行うエンジニアを今後3年間で100人増員する。