Link-U(松原裕樹社長)は7月18日、東証マザーズ市場に上場した。2013年8月に設立した同社は、サーバープラットフォーム事業、iOS/Android/web各プラットフォーム向けのアプリケーション開発事業、サービス運用事業などを展開している。

 19年7月期(18年8月1日~19年7月31日)の業績予想は、売上高は10億6800万円、営業利益は3億9400万円、経常利益は3億7800万円の見込み。

 同社は今後、BtoB製品のラインアップを増やし、固定収益の積み上げを図る。またマンガアプリのグローバル版など、海外市場でのビジネス構築、自社メディアの立ち上げなどを目指す。