プライム・ストラテジー(中村けん牛代表取締役)は7月18日、バックエンド・ネットワーク・フロントエンドの重層的な最適化を適用対象となるウェブシステムのソースコードに改変を加えることなく実施し、ウェブサイトのモバイル表示を高速化する技術として「WEXAL Page Speed Technology」を発表した。また同時に、この技術を利用した「WEXAL モバイル表示高速化サービス」の提供を開始する。

 WEXAL Page Speed Technologyは、ウェブサイトのモバイル表示の高速化を実現する技術の総称で、KUSANAGI Premium Editionに搭載されている。適用対象となるウェブシステムのソースコードに改変を加えない技術で、また有効無効を瞬時に切り替えることができるため、安心して利用することができる。

 WEXAL モバイル表示高速化サービスは、WEXAL Page Speed Technologyの導入によってウェブサイトのモバイル表示を高速化するサービス。同サービスを利用することで、Google「PageSpeed Insights」のスコア向上を実現するとともに、ユーザー体験を向上し、直帰率の低下や回遊率の向上によるコンバージョンの拡大、さらに検索エンジン対策にも有効となっている。

 同社では、クラウド事業社やSEO企業、ウェブ制作企業その他パートナーシップを通じたサービス展開を実現し、日本だけでなく世界中の多くの人々に「モバイルファースト時代にふさわしいユーザー体験」を提供していく考え。

 価格は月額15万円から。今後3年間で185社10億円の売り上げを見込んでいる。