バリオセキュア(稲見吉彦社長)は、データバックアップのアウトソーシングサービス「VDaP-Vario Data Protect」に、より大容量のバックアップニーズに対応したVDaP6000(6TB)とVDaP10T(10TB)を追加し、9月3日にサービスを開始した。

VDaP6000/VDaP10T

 VDaP-Vario Data Protectサービスは、ローカル設置用専用バックアップ機器と国内データセンター2拠点(東京・大阪)の計3拠点のバックアップ環境と、バックアップ状況の確認やデータ復旧を実行する専用コントロールパネルをパッケージとして提供するもの。これにより、企業の重要データの自動的な保管と、不測の事態に備えたBCP/DR対策をワンストップで実現する。

 今回、これまで提供してきたストレージ容量(300GB/600GB/1TB/2TB/3TB)に、6TBと10TBを追加したことで、さらに大容量のバックアップニーズに対応した。また、新しく追加した「VDaP 保管先オプション」によって、顧客の指定場所への専用バックアップ機器の追加設置ができるようになり、より自由度の高いバックアップ環境の構築サポートとBCP/DR対策の強化が可能となる。