ダイワボウ情報システム(DIS、野上義博社長)は9月13日、エンタープライズ向けクラウドのデータバックアップ、リカバリー、モニタリングを専門とする先駆的なエンタープライズソフト企業である米HYCUと、「HYCU Data Protection for Nutanix」の取り扱いについて合意したと発表した。


 昨今、多くの組織では、オンプレミスとクラウド双方の環境を最大限に活用することを検討している。一方で、こうした環境では、複雑化する運用管理が大きな課題となっている。HYCU Data Protection for Nutanixは、課題の1つであるデータ保護について、ユーザーが必要とするコントロールとセキュリティを含むシンプルな運用を可能とする。また、顧客がNutanix Enterprise Cloudを利用した場合と同じレベルで、アプリケーション固有のワークロードをシンプル・迅速に保護し、復旧することができる。

 今回の契約により、DISは、HYCUが提供するNutanix向けデータ保護ソフトウェアを、日本全国の顧客に提供していく。