ニュース

昭和リースとDIS、サブスクリプション利用料の回収代行サービス

2019/06/20 17:30

 新生銀行グループの昭和リース(清谷清弘社長)とダイワボウ情報システム(DIS、野上義博社長)は6月19日、DISのサブスクリプション管理ポータル「iKAZUCHI(雷)」で管理を行う販売パートナー向けのサブスクリプション型クラウドサービスについて、昭和リースが販売パートナーに代わってユーザーからサービスの利用料金を回収するサービス「iKAZUCHI Payment Collection」の提供を6月24日に開始すると発表した。

 昭和リースは、パートナービジネスとして、外部パートナーとのアライアンスによる差別化サービスモデルの構築に注力している。今回のiKAZUCHI Payment Collectionサービスは、その一環として、今後拡大が見込まれるサブスクリプション型サービスの提供を行うパートナーに対して、昭和リースの金融機能を提供するもの。
 
「iKAZUCHI Payment Collection」での代金回収代行フローのイメージ図

 iKAZUCHI(雷)を利用する販売パートナーは、iKAZUCHI Payment Collectionサービスに申し込み、ユーザーに対する定期的な請求業務とDISに対する仕入の支払業務をDISと昭和リースに委託することで、一連の事務手続きを大幅に軽減することができる。

 販売パートナーを通じた注文は、iKAZUCHI(雷)で契約管理を行う。販売パートナーからユーザーへの提供金額情報をもとに、DISが請求情報を昭和リースへ提示し、昭和リースがユーザーから代金回収を行う。また、昭和リースは、回収した金額のうち仕入相当額をDISに、仕入相当額を差し引いた残額を販売パートナーに対し、それぞれ支払いを行う。

 DISと昭和リースは、iKAZUCHI(雷)の各種サービスの充実に向けて、今後も継続して取り組んでいく方針。
  • 1

関連記事

DIS、「テレワーク導入推進コンソーシアム」に加入

DIS、ノキアとディストリビュータ契約

DIS、ニュータニックスとディストリビュータ契約

外部リンク

ダイワボウ情報システム=https://www.pc-daiwabo.co.jp/

昭和リース=https://www.s-l.co.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>