鈴与シンワート(徳田康行社長)は、9月24日に「S-PAYCIAL静岡BPOセンター」を開設した。

 S-PAYCIAL静岡BPOセンターは、鈴与シンワートが長年培ってきた業務ノウハウや豊富な経験をもとにした人事・給与業務のビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)サービスを提供する国内2拠点目の高セキュアなBPOセンターとなる。

 S-PAYCIALでは、企業の人事・総務部門が抱える課題を解決するサービスとして、人事・給与業務の専門家達による業務プロセス再構築支援、業務運用を提供するサービスと自社所有データセンターを活用したクラウドサービスによるシステム利用を組み合せて、顧客ごとに個別最適化したソリューションを提案している。

 今回、このBPOサービスを採用する顧客(主に大企業)が年々増加し、また今年度の新規受注も順調に伸びていることから、今後のサービス提供スペースの不足を補い、顧客の安全安心を維持するために、従来のBPOセンター同様に高セキュリティ設計の新センターを開設した。

 S-PAYCIAL静岡BPOセンターでは、複数の入室制限システムとセンター内全エリア24時間/365日の音声・画像の記録を保管する監視カメラを設置し、高いセキュリティレベルを実現。顧客企業特有の人事制度・就業制度に合わせ、各分野の専門家による柔軟な業務プロセスの構築・運用が可能となっている。

 また、大企業を中心にした豊富な導入実績に基づくノウハウと熟練した作業を提供。顧客ごとにクローズした同社の高セキュリティなクラウドサービスを利用したシステムを組み合せて活用することにより、業務の効率化・時間短縮を実現する。