鈴与シンワート(池田裕一社長)は2月26日、ディサークル(西岡毅社長)、クオリティア(松田賢代表取締役)と業務提携し、鈴与シンワートが提供中のビジネスチャットサービス「TAGS」と、ディサークルのグループウェア「POWER EGG」、クオリティアのウェブメールサービス「Active!mail」が連携するサービスを開始すると発表した。

TAGS 連携イメージ

 TAGSは、社内外のコミュニケーション促進だけでなく、BOT機能を活用することで、時間を選ばず、BOTによる即時回答(情報伝達)を実現することができる法人向けビジネスチャット。今回、TAGSを、POWER EGGとActive!mailと連携し、日々のスケジュール確認や受信メールなどをいつでもどこでも簡単に確認できるサービスを提供する。

 これにより、POWER EGGの各機能やActive!mailから操作していた登録作業をチャットから行うことができ、また新着や登録変更などの通知もチャットに自動送信され、業務のスピードアップ化とシンプル化を実現する。

 鈴与シンワートでは、すでにPOWER EGG、Active!mailを利用している顧客にはTAGSを提供、そしてまだ利用していない顧客にはTAGS、POWER EGG、Active!mailの3製品の販売、導入支援を行い、最適な活用方法を提供する。今後はさらに、他システム、サービスとの連携を拡充し、これまでにない「働き方改革」の推進を支援していく考え。