オービックビジネスコンサルタント(和田成史社長)は10月7日、「奉行クラウド」「奉行クラウドEdge」「OBCクラウドサービス」で「サービス・オーガニゼーション・コントロール2(SOC2)Type2報告書(SOC2 Type2報告書)」の取得が完了したと発表した。

対象製品の一つ奉行クラウド

 OBCでは、奉行クラウド、奉行クラウドEdge、OBCクラウドサービスで、米国公認会計士協会(AICPA)で定める情報システムのセキュリティを対象とした合理的な保証を提供するための規準である「Trustサービス規準」に基づき評価された「SOC2 Type2報告書」を独立受託会社監査人から取得した。

 SOC2 Type2報告書では、OBCのシステムに関する内部統制の整備・運用状況に関する情報が記載されており、同報告書によって顧客と顧客の監査人が容易に内部統制の状況を把握できるようになる。これにより、顧客の重要な業務システム基盤として、OBCのクラウドサービスをより安心して利用することが可能となる。

 10月8日から、奉行クラウド、奉行クラウドEdge、OBCクラウドサービスを利用している顧客で、希望する顧客に対してSOC2 Type2報告書を無料で提供する。

 なお、同社では、引き続き、委託会社の財務報告に係る内部統制の適切性・有効性を対象としたSOC1 Type2報告書を目指し、取得作業を進めていく。