エクセルソフト(永山哲也代表取締役)は、Spotinstが提供するクラウドコスト削減サービス「Spotinst」を10月29日に発売した。


 Spotinstは、「Elastigroup」と「Ocean」の2つのサービスを提供する。Elastigroupは、主要クラウドサービスプロバイダー(Amazon Web Services、Microsoft Azure、Google Cloud Platform)が低価格で提供しているスポットインスタンス(クラウド上にある使用されていない余剰なキャパシティ)を活用して、ワークロードを最適化・高速化し、クラウドインフラストラクチャーのコストを最大80%削減する。スポットインスタンスの動作、キャパシティの傾向、価格設定、中断レートを予測し、中断のリスクがある場合は常に、事前に最大15分のキャパシティを残すように動作する。

 余剰なキャパシティであるスポットインスタンスは、常に利用可能なわけではなく、クラウドプロバイダーがこのキャパシティを必要な場合には、即座にインスタンスが停止するため、本番環境やミッションクリティカルなアプリケーションには適していないが、スポットインスタンスが利用できない場合でも、インスタンスを自動的にシームレスにリザーブドまたはオンデマンドインスタンスへ移行し、スポットインスタンスが利用できるようになると、スポットインスタンスに戻す。スポットインスタンスを活用してクラウドのコストを削減しながら、スポットインスタンスの中断を事前に予測することで、ダウンタイムのリスクを排除し、アプリケーションの高可用性を維持する。

 Oceanは、VMインフラストラクチャーを管理することなくコンテナ(Kubernetes、Amazon ECS)をデプロイできる抽象レイヤーを仮想マシンに提供する。Kubernetesクラスターの管理は複雑で手間がかかるが、ポッド(コンテナ)の要件によって自動的にスケーリング・管理し、ポッドで必要なリソース(CPU、メモリ、ポート)を学習して、要件を満たす最適なノードサイズまたはタイプを決定する。さらに、スポットインスタンスを適切に活用して、最良のインスタンス(スポット、リザーブド、またはオンデマンド)の組み合わせを自動的に決定し、エンタープライズレベルのSLAで、インフラストラクチャーのコストを最大80%削減する。

 Oceanを利用することで、特定のインスタンスタイプを選択する必要がなく、クラスターの使用率は自動的に最適化され、DevOpsと開発者は、インフラストラクチャーについて心配することなく、容易にアプリケーションを作成、実行、デプロイできる。

 価格体系は、毎月、Spotinstを利用して削減したコストに対して費用が発生する。