自治体や企業向けにビジネス・プロセス・アウトソーシングサービスを提供する富士ゼロックスシステムサービス(井上あまね社長)は、新潟県柏崎市の情報サービス企業のカシックスと協業し、1月4日から新潟県柏崎市役所に「戸籍・住民関連業務アウトソーシングサービス」を提供する。

戸籍・住民関連業務アウトソーシングサービス

 柏崎市役所は、2021年1月に新庁舎を開設する。今後、窓口サービスを効率化し、住民の満足度を高めるため、窓口サービスの業務プロセスの一元管理を通じ、業務の設計や最適化を実現するビジネス・プロセス・アウトソーシングサービス「戸籍・住民関連業務アウトソーシングサービス」の導入を決めた。

 窓口サービスの提供は地元企業のカシックスが担当。富士ゼロックスシステムサービスはカシックスに対し、アウトソーシングサービスの教育・監査を行う。

 また、富士ゼロックスシステムサービスは、サービスの一環として、ICTを活用し転入など異動手続きの効率化を実現する「異動受付支援システム」をカシックスに提供する。これにより、柏崎市役所は、人材を活用した「戸籍・住民関連業務アウトソーシングサービス」による業務プロセスの効率化だけではなく、ICT活用による市民サービスの利便性向上を実現できる。
 
「異動受付支援システム」運用イメージ図

 異動受付支援システムは、これまで戸籍・住民関連業務アウトソーシングサービスの提供を通じて得られた専門知識やノウハウを反映し、住民や自治体双方のニーズに対応するサービス。

 文字認識技術(OCR)を活用した紙の転出証明書の印字項目を読み込み、取り込んだテキストデータを利用してシステム上で電子の住民異動届を自動作成する。これにより、住民は転入など異動の手続きを行う際に、届出内容を紙から紙に転記するなどの煩雑な作業をせずに、電子画面上で確認し電子サインをするだけで手続きが完了する。
 
電子の住民異動届に情報が反映され、住民はタブレット上でサインして申請完了

 さらに、職員による手書き文字の判読や記入漏れ、書き間違いなどの確認にかかわる作業時間を軽減し、窓口サービスを効率化して住民の待ち時間を削減する。