マイナビは12月13日、東京・新宿でイベント「マイナビニュースフォーラム 2019 Winterfor データ活用~データが促すビジネスの再定義~」を開催する。テクノロジーの進化・発展によってさまざまな場面でのデータ収集・分析が可能となっている中、データ活用によってビジネスの形も変化してきている。このイベントでは、先進的なデータ活用を行う企業の講演を通して、経営戦略を見直すきっかけを提供する。

 当日は「流通・小売業」「製造業」「金融業」の3トラックで各8社、全24社のスピーカーが講演する予定。うち、キーノートでは、日産自動車、アスクル、日本銀行、パナソニック、三越伊勢丹、マネーフォワード、クボタ、SHIBUYA109エンタテイメント、新生銀行の担当者がデータ活用戦略や具体的取り組みについて解説する。

 また、イベント協賛企業として、アルプス システム インテグレーション、INSIGHT LAB、インフォマティカ・ジャパン、日本オラクル、キーエンス、SATORI、Sansan、xenodatalab.、Talend、データ総研、テクマトリックス、DenodoTechnologies、日立社会情報サービス、Macbee Planetが講演する予定だ。

■ 日時
12月13日(金)10:00 ~ 17:50
(9:30開場予定)
■ 場所
JR新宿ミライナタワー 12F  
マイナビルームA・B・C
東京都新宿区新宿4-1-6
JR各線「新宿駅」ミライナタワー
改札直結
■ 主催
マイナビ マイナビニュース   
セミナー運営事務局
■ 参加費
無料