ピー・シー・エー(佐藤文昭社長)は、同社が運営する業務系クラウドサービス「PCA 給与 DX クラウド」「PCA 給与 hyper クラウド」の2サービスと、SmartHR(宮田昇始代表取締役)が運営するクラウド人事労務ソフト「SmartHR」とのAPI連携機能の提供を12月19日に開始した。

 今回の連携により、PCA 給与 DX クラウドとSmartHR、PCA 給与 hyper クラウドとSmartHRの各サービス間で、従業員情報の相互同期が可能となる。ワンクリックで同期させることでファイルの取り込み・書き出しの手間を削減。また、SmartHRでは従業員本人が入社手続きに必要な情報を登録するため、SmartHRで入社手続きを行ったデータをPCA 給与 DX クラウドやPCA 給与 hyper クラウドに連携することで、人事労務担当者の作業を効率化できる。

 今後は「給与情報」でも連携を予定しており、PCA 給与 DX クラウドやPCA 給与 hyper クラウドでの給与計算結果をSmartHRに取り込むことで、ウェブ上での給与明細の配布が手軽に実現可能となる。

 また、2020年4月から、特定の法人では社会保険・労働保険に関する一部手続きで、電子申請が義務化されることを受け、PCAとSmartHRでは、電子申請が義務化される人事労務関係の書類に対応する予定。