SBテクノロジー(SBT、阿多親市社長CEO)は1月20日、クラウドの力で顧客企業のワークスタイルやビジネスモデルの変革を支援する自社ブランド「clouXion(クラウジョン)」の認証・セキュリティソリューションとして、メール誤送信対策の「Mail Alert」を追加したと発表した。

 Mail Alertは、10ユーザー単位で利用できるOffice 365のメールソフト「Outlook」のアドインツール。誤送信対策機能は社内メールにも適用可能で、社内で機密情報のやり取りを行う場合の誤送信対策としても利用できる。

 日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)の報告によると、個人情報事故でのメール誤送信の割合は年々増加傾向にあり、14年度の18.5%と比較して18年度は25%となっている。また、金融業界などで個人情報や機密情報を取り扱う特定部門からの社内メールに対する誤送信対策のニーズが高まっている。

 さらに、ユーザー数の多い企業では、全社のクラウド移行に時間がかかることから、「既存の環境に早期に導入したい」「順次移行を進めるために部分的に導入したい」というニーズもある。今回のMail Alertは、社内メールへの誤送信対応のほか、オンプレミス環境への対応と柔軟なライセンス形態で、こうしたニーズに対応する。