サイバーソリューションズ(秋田健太郎社長)は、米マイクロソフトの提供するクラウドメールサービス「Office 365」と連携した緊急時にすぐ利用できるバックアップウェブメールサービス「EMERGENCY MAIL for Office 365」を1月23日に発売した。

 19年11月19日から20日にかけて、Office 365に相次いで大規模な障害が発生した。巨大なシェアをもつOffice365の障害は多くの日本企業に影響をもたらし、テレビや新聞などのメディアでも大きく取り上げられた。11月だけでなく、Office 365の障害は19年6月から12月までの半年間だけでも世界で40回以上の障害が報告されている。メールはOutlook、チャットはTeamsというように、Office 365のプラットフォームで統一したICT運用を行っている企業は多く、ひとたびOffice 365に障害が起きると社内外のコミュニケーションがすべて停止し、ビジネス損失のリスクが懸念されている。

 EMERGENCY MAIL for Office 365は、Office 365のユーザーが災害や障害によりサービスを利用できなくなった際に、サイバーソリューションズのメールシステムにログインすることで、メールを継続して利用できるサービス。別ドメインと同一ドメイン(4月から提供予定)のサービス形態2種から、顧客の要望に合った運用形態を提供する。また、Office 365のメールシステムが復旧した際には、同社システムで送受信していたメールデータをOffice 365へ移すこともできるため、送受信履歴の管理に手間がかかることもない。

 あわせて同社が提供するメールアーカイブサービス「MAILBASEΣ」を活用することで、Office 365と同サービス両方のメールデータをアーカイブでき、Office 365が利用不能な間でも、過去のメールを閲覧することが可能となる。