サイバーソリューションズ(秋田健太郎社長)は11月19日、グローバルセキュリティエキスパート(GSX、青柳史郎社長)と業務提携したことを発表した。


 今回の業務提携では、メールソリューションの専門企業であるサイバーソリューションズが運営するクラウド型メールサービス「CYBERMAILΣ」、オンプレミス型メールサーバー「CyberMail」を利用している顧客向けに、サイバーセキュリティ教育カンパニーであるGSXの標的型メール訓練サービスの販売を11月19日に開始した。

 訓練サービスのメニューとして、必要な時に単発で実施できるプランに加えて、継続的な強化を目的としたサブスクリプションサービスをラインアップした。1回で終わりの訓練だけではなく、年間計画に沿って複数回の訓練の実施とeラーニングによる教育、理解度を図るテストによって、社員のセキュリティに対する知識や対処スキルの強化を図り、意識を根付かせることができる。
 

 また、企業の管理担当者にとっても、煩雑な設定などに悩むことなく訓練を実施することができ、システムと社員教育の両面をまとめて専門企業に相談できるため、効率的な運用が可能となる。

 料金は、CYBERMAILΣユーザーを対象にした「標的型メール訓練サービス スマートパック」が500アドレスで45万円/回から。CYBERMAILΣ/CyberMailユーザーを対象にした「標的型メール訓練サービス トータルパック」が500アドレスで90万円/年から。