ATENジャパン(鄧鴻群社長)は2月25日、LEDバックライト付き18.5インチワイド画面LCDモニター・キーボード・タッチパッドを1Uサイズに統合した8ポート/16ポートKVMドロワー「CL3108NX」「CL3116NX」を2月27日に発売すると発表した。税別価格は、CL3108NXが28万円、CL3116NXが29万円。

 CL3108NXは、最大8台のコンピューターの操作が可能。8台のKVMスイッチをカスケード接続すると、最大128台のコンピューターを操作することが可能となる。また、16ポート対応モデルのCL3116NXは、最大16台のコンピューターを操作できる。16台のKVMスイッチをカスケード接続することで、最大256台のコンピューターを操作することが可能となる。

 両モデルとも、奥行きの短い設計で19インチラックにも搭載できるため、スペース効率を最大限に引き出し、狭いスペースへのラックマウントデバイスの設置を実現する。手元が暗い環境でもLEDライトでキーボードやタッチパッドを操作することができる。