ATENジャパンは1月30日、DVI対応IP-KVMエクステンダーの新製品「KE6900A」を発売すると発表した。

 「KE69シリーズ」は、イーサネット経由でPCのコンソール(USBキーボード/マウス・DVIモニター)を延長設置することができるIP-KVMエクステンダー。今回のKE6900Aは、冗長化用のデュアル電源・デュアルLANを搭載したモデル。DVI-Iデュアルディスプレイに対応しており、ロスや遅延がほとんどない状態で、最大1920×1200@60Hzのビデオ伝送を可能にする。

 PCを接続するトランスミッター(KE6900AT)とコンソールを接続するレシーバー(ユーザーステーション:KE6900AR)から構成され、USBコンソール(USBキーボード、USBマウス、DVIモニター)を介してイントラネット経由でコンピューターにリモートアクセスできるため、コンピューターシステムを安全で温度管理された環境に設置することができる。

 税別価格は、トランスミッターが16万5000円、レシーバーが16万5000円。