アンラボ日本法人(金基仁社長)は、今年、新規と既存のパートナーと緊密に協力しながらオンライン/オフラインでの販売活動を積極的に展開していくと発表した。

 同社はダイワボウ情報システム(野上義博社長)とシネックスジャパン(國持重隆社長)と新たにパートナーシップを結び、個人向け/企業向けセキュリティソリューションを販売することに合意した。また、既存のパートナーであるSBC&S(溝口泰雄社長兼CEO)とも、既存製品のアップグレードと新規パッケージのリリースを行う。

 さらに、急速な成長を見せているeコマース市場での販売活動も強化する。ソフト登録数国内最大規模のオンラインソフトウェア流通サイト「Vector」を運営するベクター(梶並伸博社長)とは15年にパートナーシップを結び製品を販売してきたが、今年1月に製品販売ページをリニューアルし、新たな取り組みを実施している。