TDCソフト(小林裕嘉社長)は2月27日、米Scaled Agile(SAI、Chris JamesCEO)のパートナー制度「Scaled Agile Partner Network」で、Transformation PartnerカテゴリーがBronze PartnerからGold Partnerにアップグレードしたと発表した。


 Scaled Agile Transformation PartnerのGoldステータスは、「Scaled Agile Framework(SAFe)」に関するコンサルティング力・技術知識など、SAIが指定する条件を満たしたSAFe Program Consultant(SPC)認定者が5人以上在籍し、効果的に導入顧客をサポートすることができる企業のみが取得できる、上位のパートナーステータス。2月10日現在、全世界で300社のパートナーのうち、60社がGold Partnerに認定されており、日本国内でGold Partnerの認定を受けているのはTDCソフトを含めて2社のみとなっている。

 TDCソフトでは、今年度中に20人以上のSPCを育成し、日本企業でのSAFeの導入支援を加速していく。また、今年度は、SAFe Agilist(SA)認定者や、SAFe Scrum Master(SSM)認定者など技術者の育成にも取り組み、100人以上の体制を構築するとともに、専門の組織を組成し、SAFe導入企業を支援していく。さらには、Implementing SAFeに加え、SAFe Scrum MasterやSAFe Product Owner/Product Managerのトレーニングコースを日本国内で開催する予定。

 この取り組みを通して、TDCソフトはエンタープライズ・アジャイル領域で国内市場をリードし、ビジネス変革に取り組む顧客のビジネスアジリティ実現に貢献できる、価値あるITパートナーを目指す。