2017年は、市場が活発に動き、業績は堅調に推移した。収益性もよくなっており、仕事の進め方を見直すこれまでの取り組みが徐々に実を結んでいる。18年は、さらなる成長に向けて積極的に挑戦を続けるつもりだ。

201801161524_1.jpg

谷上俊二
社長

 17年は、中期経営計画に基づいて、次世代型のSI事業を見据えた新たな試みをスタートさせ、人材や知財への投資を進めてきた。このような取り組みに着手した理由は、新たな技術がIT市場に大きな変化を生み出し、従来型のSIが機能しなくなる可能性があるからだ。

 具体的には、人工知能(AI)やアジャイル開発、セキュリティなどを大きなテーマとし、人材や知財への投資を進めた。大学との共同研究が動き出すなど、第一歩はいい形で踏み出せた。今後は、SIerとして新しい技術をどのように取り込み、活用できるかを検討する段階に入る。

 18年度は、中期経営計画の最終年度にあたる。売り上げなどで数字的な目標を掲げているが、そこはあくまで通過点に過ぎない。

 その先もさらに成長していけるように、しっかりと糧を増やしていくことを重視していく。

 現状に満足していては、継続的な成長は期待できない。今までどおり進める部分と次世代型SI事業など新たに取り組む部分のバランスを上手くとることが重要だ。アクセルとブレーキを使い分けて成長への道を進んでいきたい。