日本香港協会(原田光夫理事長)と二松學舍大学(江藤茂博学長)は「第15期チャイニーズ・マネジメント&マーケティング・スクール」を二松學舍大学で開く。期間は4月9日から9月17日まで。中国経済を動かす華人経営の本質を解明することで、中国・華人圏ビジネスのエキスパートを育成する。後援はJETRO(日本貿易振興機構)、東京商工会議所、日本商工会議所。

「第15期チャイニーズ・マネジメント&マーケティング・スクール」案内

 理論編と実践編の2分野構成で全20回。理論編では、歴史や思想、社会学などを通じて華人社会の基礎概念や経営原理を学ぶ。実践編では、現在活躍中の経済人を中心に華人の経営行動を分析。「香港コネクション」と題し東アジアを中心に広がる華人経営圏を分析する講座も設ける。

 デジタル化やAI活用をベースに拡大する自国企業を中国政府が「一帯一路」政策で後押しするなど、新しいグローバル化の時代が到来しつつある。日本的経営だけでは勝てない時代に立ち向かい、日本企業の競争力を高めることも目指す。