アイシン精機は3月6日、簡単な操作で近距離の移動などに利用できる3輪の乗り物「ILY-Ai(アイリーエーアイ)」を事業化すると発表した。パーソナルモビリティ事業の第一弾として位置づけ、トヨタオートモールクリエイトが運営するショッピングセンター「カラフルタウン岐阜」(岐阜市)に、3月7日からリース提供を開始した。

ILY-Ai(カラフルタウン岐阜専用モデル)

 大型商業施設内での買い物時にカートとして使ったり、子どもと一緒に乗ったりといった利用を想定。障害物を自動検知し停止する機能も搭載した。「ILY-Ai」には、人の顔を覚えて後ろをついてきたり、放置しても自動で指定場所に帰ってきたりする機能もあるが、今回リース提供を行った製品には、提供先の要望に基づき実装しなかった。アイシン精機では今後、全国の商業施設への導入に向けて取り組みを進める。