キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ、坂田正弘社長)は3月24日、簡単・迅速に導入可能で、高度なフィルタリングをはじめとするメール情報漏えい対策機能を提供するクラウドサービス「GUARDIANWALL Mail セキュリティ・クラウド」を4月1日に提供すると発表した。

「GUARDIANWALL Mailセキュリティ・クラウド」の概要

 GUARDIANWALL Mail セキュリティ・クラウドは、企業の導入が進むOffice 365やG Suiteといったクラウドメールの標準機能だけでは対応できない情報漏えい対策を実現するクラウドサービス。国産開発体制の強みを生かした高度な日本語フィルタリングを可能とする「MailFilter」、添付ファイルのZIP暗号化や宛先のBcc変換などを自動で行う「MailConvert」、メール保管と柔軟な検索で監査や調査を容易にする「MailArchive」をラインアップし、あらゆる側面からメールでの情報漏えいを防止する。

 また、運用ニーズに合わせ、高度な機能まで自由に設計できる「プレミアム」(4月1日提供)と簡単な設定・運用が可能な「ベーシック」(7月提供予定)をそれぞれ用意する。プレミアムでは、すでにGUARDIANWALLをオンプレミスで利用しているユーザーに向けたクラウド移行の受け皿として展開し、主に大手・中堅向けのクラウド化促進を支援する。

 税別価格は、「MailFilter on Cloud プレミアム」が月額200円、「MailConvert on Cloud プレミアム」が月額200円、「MailArchive on Cloud プレミアム(送信)」が月額100円、「MailArchive on Cloud プレミアム(受信)」が月額150円、「MailArchive on Cloud プレミアム(ジャーナル)」が月額200円。

 「MailFilter on Cloud ベーシック」が月額150円、「MailConvert on Cloud ベーシック」が月額150円、「MailArchive on Cloud ベーシック(送信)」が月額100円、「MailArchive on Cloud ベーシック(受信)」が月額150円、「MailArchive on Cloud ベーシック(ジャーナル)」が月額200円。

 なお、同社では、GUARDIANWALL Mail セキュリティ・クラウドのリリースにあわせて製品ラインアップの見直しを行い、「GUARDIANWALL Mail セキュリティ」と「GUARDIANWALL Web セキュリティ」の2つに整理、統合する。