楽天モバイル(山田善久社長)は5月13日、米Innoeyeと米Innoeye Technologies(イノアイ)を買収する計画を発表した。この買収により、楽天モバイルは、構築している5G(第5世代移動通信システム)ネットワーク用の完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワークプラットフォームである「Rakuten Communications Platform」をグローバルでサービス展開するために、開発体制の強化を図る。

米InnoeyeのWebサイト

 イノアイは、米国に拠点を置くエンジニアリングテクノロジー企業。携帯キャリア事業者(MNO)やマルチプルシステムオペレーター(MSO)向けに、クラウドプラットフォームのプロセス自動化システムなどを提供している。楽天モバイルのネットワークには、イノアイが開発したネットワーク運用システム(OSS)がすでに導入されている。今回の買収により、楽天モバイルはイノアイが保有するネットワーク運用ソフトウェアの開発技術とソフトウェア開発チームを取得することになる。

 また、楽天モバイルは、同社の完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワークを構築するシステムをRakuten Communications Platformとして、プラットフォームサービスを展開する計画を進めている。Rakuten Communications Platformは、楽天モバイルがもつ仮想化モバイルネットワークの構築技術や関連する知見、ネットワークの運用支援システム(OSS)、ビジネス支援システム(BSS)、エッジコンピューティング技術や仮想化ネットワークの管理方法などを集約した5Gネットワーク用のクラウドプラットフォームとなっている。

 今後、Rakuten Communications Platformを世界の通信事業者が仮想化ネットワークを構築するためのソリューションとしてサービス展開し、事業者のニーズに沿った機能を提供していく予定。また、Rakuten Communications Platformでは、事業者が必要な機能をアプリケーションストア形式のインターフェースを通じて購入し、開発・運用するネットワークに展開できる機能を備える予定。これにより、導入事業者は、携帯キャリアグレードの高い基準を満たした機能を素早く、簡単に利用できるようになる。

 楽天モバイルの副社長兼CTO(最高技術責任者)のタレック・アミン氏は、「2年前の事業構想時から、楽天モバイルは、完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワークの構築により培った専門性や技術を、MNO他社へサービスとして提供する計画を立てていた。今回のイノアイ買収により、必要な開発体制を整え、『クリック、購入、展開』というくらいシンプルに利用できるMNO向けクラウドプラットフォームを提供していきたいと考えている」と述べている。

 また、イノアイCEOのラジーヴ・グプタ氏は、「当社が楽天モバイルに加わることで、今業界で起きている大変革へと参画し、オープンでスケーラブル、またセキュリティレベルが高い、クラウドベースのコミュニケーションプラットフォームを構築することができる。Rakuten Communications Platformは、業界に革新をもたらし、イノベーションを次のレベルに推し進めることになるだろう。私たちは、この開発の一翼を担えることを楽しみにしている」とコメントしている。