オルツグループ(オルツ/オルツテクノロジーズ、米倉千貴代表取締役)と日本システムウエア(NSW、多田尚二社長)は6月9日、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進に特化した、総合的なAI技術の導入提案を共同で行っていくと発表した。


 オルツグループとNSWは今回、企業のさらに高度なDXを実現するため、オルツのAIソリューションと人間個人のAIクローンを生成する技術を、システムインテグレーションで高い実績をもつNSWの顧客課題解決力と連携し、総合AIソリューションとして提供する。

 オルツは、「AI GIJIROKU(AI議事録)」「NeoRMR(自然言語処理)」や「FG-NER(自然言語処理)」などのデジタライゼーションとその価値化の技術を多くもっている。これらの技術により、アナログデータをデジタル化する作業を簡便化したうえで、定性的な個人の活動データを定性的なままシミュレーションできるオルツのAIクローン技術を用いて顧客のDXを推進する。

 NSWでは、システムインテグレーションの現場で必要とされる、情報のインプット、処理、アウトプットの各フェーズに適したAIソリューションを提供する。さらに、さまざまな定性情報を掛け合わせ、より付加価値の高いソリューションを実現するためにオルツの技術を活用していく。