日本ユニシスは6月16日、AIによる需要予測に基づいて発注業務を自動化するクラウド型業務支援サービス「AIOrder Foresight」の提供を開始したと発表した。

「AIOrder Foresight」概要

 AIOrder Foresightは、販売実績・気象情報・企画情報などの各種データを元に、小売店舗で日々算出が必要な商品発注数を自動決定するサービス。作業負荷・難易度の高い発注業務を自動化することで、昨今の社会課題である労働力不足を解決し、要員の経験やスキルに依存しない店舗運営・機会ロス・廃棄ロス削減を実現する。

 また、従来の自動発注システムは精度維持のためデータ分析専任者による日常的な予測モデルチューニングが必要だったが、同サービスでは、AI技術を用いた自動チューニングにより、日配品・生鮮品に求められる高精度な予測を実現するとともに、メンテナンスフリーでの自動発注運用が可能となる。

 今後日本ユニシスは、AI-Order Foresightで算出する予測発注数などのデータの分析・活用を通して、サプライチェーン全体(製造/在庫/販売)での過剰在庫削減・食品ロス削減を推進し、社会課題の解決を支援していく考え。