北國銀行(安宅建樹頭取)は、日本ユニシス(平岡昭良社長)のオープン勘定系システム「BankVision」の稼働基盤として、日本マイクロソフト(吉田仁志社長)のパブリッククラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を採用することを決めた。フルバンキングシステムのパブリッククラウド環境での実装は国内初の事例となる。北國銀行、日本ユニシス、日本マイクロソフトの3社は、2021年の「BankVision on Azure」稼働に向けて、導入プロジェクトを開始する。


 北國銀行は、「次世代版 地域商業銀行」を中長期的に目指している。クラウドサービスが市場に浸透するなか、さらなる経営の効率化や自行での開発スキルの向上、フレキシブルな環境変更、データ活用基盤などの実現のため、自行システムの全面クラウド化(パブリッククラウド化)の方針を決定した。

 北國銀行がオープン勘定系システムのパートナーとして選んだ日本ユニシスは、07年5月に世界初のWindows Server、SQL Serverを基盤としたオープン勘定系システムBankVisionを稼働。以来、同システムを導入した地方銀行10行の経営戦略のスピーディーな実行、店舗・チャネル戦略や事務集中化へのフレキシブルな対応、TCO削減などに大きく貢献してきた。

 北國銀行に対しては、15年1月のBankVisionの稼働をはじめ、銀行事務の効率化とともに営業店窓口での顧客接点強化に向けた活動や、コンサルティング部門とタイアップし、石川県の伝統工芸で知られる山中漆器をはじめ、地域のデジタル化に向けた活動を行っている。

 一方、日本ユニシスと日本マイクロソフトは、16年度から共同でMicrosoft Azure上でのBankVisionの検証を実施し、18年3月からAzureの採用に向けた共同プロジェクトを進めてきた。マイクロソフト米国本社のエンジニアリング部門と連携した技術面・サービス面・サポート面の検討やビジネス面の協議を行った結果、自行システムの全面クラウド化を目指す北國銀行での採用が決まった。
 

 今後は、北國銀行と日本ユニシスは、BankVisionのAzure上での稼働と並行して、Azure上でのデータ活用プラットフォームの実現に向けた検討を行い、銀行データと地域データを活用した地域エコシステムの実現を目指す。

 また、より良い金融サービスの実現や銀行経営の効率化を目指し、勘定系システムをはじめとした銀行システムにおいて、既存資産を生かしながらクラウドの利用メリットを最大化するよう、コンテナやPaaSなどのさまざまな技術の活用を進めていく。