ミロク情報サービス(MJS)は、MJSの振込代行サービス「楽たす振込」を新規に申し込む全国自治体や大学など教育機関を対象に、新型コロナウイルス感染拡大の影響で経済的に困窮する学生に現金を給付する際の振込手数料を特別価格で提供する「学生にエールを!振込手数料特別価格キャンペーン」を6月18日に開始した。

「楽たす振込」利用のイメージ図

 楽たす振込は、顧客の仕入れ、経費などの振込支払業務をMJSが代行するクラウドサービス(初期費用・月額基本使用料・組戻手数料無料)。今回、学生にエールを!振込手数料特別価格キャンペーンの実施により、振込1件当たり通常316円かかる手数料を、一律285円という特別価格で提供し、全国自治体や大学など教育機関の学生支援を目的とした振込のコスト削減と業務効率化を支援する。また、顧客から預かる振込資金は、信託により分別管理されているため、安心して利用することができる。

 楽たす振込では、口座情報の事前確認ができるため登録内容に誤りがないか振込前にチェックできるほか、振込日当日にエラーが発生した場合でも、組戻し手数料をかけずに、正しい口座情報に基づき改めて再振り込みを行うことができる。また、振込情報はExcelファイルのインポートが可能なため、登録にかかっていた工数を削減できる。さらに、今回のキャンペーンによって、振込先がどの銀行であっても1件当たり一律285円の振込手数料で対応でき、振り込みにかかるコストを抑えることが可能となった。

 キャンペーン対象者は、自治体、大学・短期大学(専攻科、別科、大学院を含む)、高等専門学校(第4・5学年、専攻科に限る)、専門学校、日本語教育機関など。申込期間は9月30日まで。