ネットギアジャパン(ネットギア)は、PoE+(IEEE 802.3at)30W給電対応の16ポートスマートスイッチとして、合計300Wの大容量給電が可能な「GS716TPP」と合計180W給電が可能な「GS716TP」の2製品を7月29日に発売した。

16ポートスマートスイッチ新製品

 新製品は、中小規模のオフィスやリテール、病院など多くのPoE受電デバイスを使用するシーンに最適な全16ポートで大容量給電が可能なスマートスイッチ。GS716TPは最大180W、GS716TPPは最大300Wまで給電することができる。

 両製品とも、従来のウェブGUIでの設定や管理に加え、Insightでも設定や管理が可能。Insightの場合は、ITの専門知識がない人でもスマホやタブレットのアプリで直感的に設定ができ、いつでもどこからでも通信状況の確認やファームのアップデート、PoE受電デバイスへの給電ON/OFFなどの操作を行うことができる。Insightは月額または年額のサブスクリプションだが、現在、Insightライセンスの1年間無料キャンペーンを実施している。

 また、製品シリーズが販売されている間、期間を定めずハードウェア保証が続く「リミテッドライフタイム保証」を標準装備している。将来のデバイス増加を見越した導入など、長期の利用も安心となっている。

 税別価格は、GS716TPが5万8000円、GS716TPPが7万4500円。