ネットギアジャパン(NETGEAR、杉田哲也代表)は2月2日、独自のネットワークストレージ用OSであるReadyNAS OSの最新バージョン6.2を搭載した、1Uサイズ・ラックマウント型ネットワークストレージ(NAS)「ReadyNAS2120v2」シリーズを2月9日に発売すると発表した。

 「ReadyNAS2120v2」は、現行製品「ReadyNAS2120」の2世代目の機種となり、従来品と比較して、搭載CPUやメモリなどのハードウェア性能を25%向上した。ラックマウント型ReadyNASのラインアップでは、エントリモデルに位置づけられ、各種サーバーのバックアップ用途や、25人程度の事業所でのデータ共有のためのファイルサーバー用途に最適となっている。

 また、「ReadyNAS2120v2」が搭載するネットワークストレージ用OS「ReadyNAS OS 6.2」では、5種類の機能によって、ストレージに格納されたデータを高度に保護する。まず、複数台のHDDでのRAIDボリューム構成により、HDDの単体故障から保護。次に、定期的なスナップショットを取得することで、任意の時点のデータに復元可能(取得回数は無制限)。三つめとして、ライセンスフリーのリアルタイム・アンチウイルス・ソフトウェアを標準搭載。四つめが、ビットロット・プロテクションにより、アクセス頻度の低いファイルの破損を事前に検知・修復する。五つめとして、複数か所に設置したReadyNAS間で、自動的にVPNトンネルを構築してファイルをバックアップするReadyNAS Replicate機能を標準搭載している。

 価格は、「RN21242E」(2TB)が41万400円、「RN21243E」(3TB)が51万8400円、「RN21244E」(4TB)が62万6400円。