ネットギアジャパン(NETGEAR、杉田哲也代表)は、12月24日、PoE対応のアンマネージプラス・スイッチ「GS108PE-300AJS」の性能を向上するとともに、価格を改定したと発表した。

 「GS108PE-300AJS」は、ギガビットイーサネットを8ポート搭載。信頼性とコストパフォーマンスの高さで実績のある「NETGEARアンマネージスイッチ」に、VLAN、QoS(Quality of Service)、ポートミラーリング、ループ検知、ブロードキャスト制御など、多くのネットワーク環境で最も利用されている機能をプラスし、わずかな投資でネットワーク管理、トラフィックの最適化を実現する。

 改訂版は、きょう体のサイズ(横幅)を235mmから158mmに小型化すると同時に、PoEの給電能力を45Wから53Wに向上。税別価格を2万3000円から1万9000円に改定した。価格改定に伴い、PoE対応のアンマネージスイッチ「GS108P-100AJS」は販売を終了する。