ifLinkオープンコミュニティ(島田太郎代表理事)は8月31日、設立から約半年を記念したオンラインイベント「ifLink Open Community Festival 2020 Summer」を開催した。会員企業各社が「ifLink」を活用した取り組みをアピールしたほか、キーパーソンを招きクロストークセッションなどを披露した。

クロストークイベントの様子

 ifLinkは東芝デジタルソリューションズが開発したIoTプラットフォーム。同プラットフォーム上では会員企業が開発したセンサーやデバイス、ソフトウェアが90種以上モジュール化されており、容易に接続することが可能。モジュールは「もし~したら(IF)」と「アクション(THEN)」の2種類に分かれており、「帰宅したら、エアコンをつける」といった具合にIoTで実現したい内容を設定し、それに見合ったモジュールを選択するだけでIoTシステムを構築することができる。場合によっては完成したシステムを自社のサービスとして販売することも可能だ。イベントでは「消毒したら、入場できるようにする」「自宅に近づいたら、風呂を沸かす」といったサービスが発表され、中にはコミュニティ内でのコラボレーションによって実現した取り組みも紹介された。

 同コミュニティにはモジュールを開発するモジューラーと、モジュールを組み合わせてサービスを開発するサービサー、サービスを利用するユーザーで構成される。各社が自由にコミュニケーションを交わしプロトタイピングやユースケース共創を繰り返すことで、よりオープンな文化と利便性の高いIoTサービスの実現を目指す。

 島田太郎代表理事はifLinkコミュニティについて「IoTはいろんな部品や技術で出来上がっていて、一つの企業が提供するには負担が大きくなりすぎていた。技術が進歩し、有力なベンチャーも立ち上がってきた今、そういった企業が機能を提供しユーザーが自由に組み合わせられるようにするべきだという考え方に賛同していただき、100社以上の企業に集まってもらえた」と説明した。(銭 君毅)