日立建機と連結子会社であるWenco International Mining Systems(本社・カナダ、ウェンコ)は9月30日、鉱山現場向けに、IoTで鉱山機械を24時間遠隔監視し、稼働状況のAI分析などにより鉱山現場の課題解決を支援する「ConSite Mine(コンサイト・マイン)」を共同開発したと発表した。

ConSite Mineの管理画面イメージ

 ConSite Mineは、AIと応力解析技術を用いることにより、超大型油圧ショベルのブームやアームの亀裂の予兆などを可視化し、安全性と生産性向上、ライフサイクルコスト低減を支援するシステム。これらの詳細情報は、ウェブブラウザー上のダッシュボードなどで顧客に提供する。

 具体的には、顧客の保守担当者と販売代理店などのサービス員が、ブームやアームの亀裂や油圧ポンプの故障の予兆など、ダッシュボードなどで鉱山機械の状態を遠隔監視し、鉱山現場の課題解決につながる情報を得ることができる。サービス員は、ダッシュボード上の分析結果を確認して、鉱山機械の状態に合わせて適切なタイミングでメンテナンス、点検、部品交換の提案を行うことで、ライフサイクルコストの低減、機械のダウンタイム(運転停止時間)の抑制を図ることができる。さらに、オペレーターの運転操作データや燃費をモニタリングして分析し、安全性向上、生産性向上を支援する情報として提供する。

 現在、日立建機グループでは、オーストラリア、ザンビア、インドネシアの鉱山現場での実証実験を進めており、ユーザーニーズを反映し、21年中にConSite Mineの提供を開始する予定。