アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、ヤフー(Yahoo!JAPAN)が運営する子ども向けポータルサイト「Yahoo!きっず」の画像検索機能に、フィルタリングサービスの提供を開始したと発表した。

検索結果イメージ

 文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」や新型コロナウイルス感染症対策をきっかけに、オンライン学習のニーズが急速に高まっている。Yahoo!JAPANは、2月の政府要請による臨時休校時に子どもが自宅でも自発的に勉強ができるよう「ヤフーきっず おうち学校」を開設するなど、オンライン学習を支援する取り組みを進めている。

 Yahoo!きっずでは、Yahoo!JAPANがもつ独自技術に加えて、ALSIのフィルタリングサービスを採用することにより、子どもたち自身が利用するうえで、より安心安全な環境を提供するために、検索結果が表示される際に不適切なページを表示しない仕組みを導入している。

 今回、調べ学習などで画像を検索したいというニーズに応えるため、Yahoo!きっずに画像検索機能が新たに追加されることから、同機能にALSIのフィルタリングサービスも搭載することで、画像検索結果での不適切な画像表示をブロックし、子どもたちが求める情報をより早く、安全に利用できるサービスを目指す。

 ALSIは、96年に日本で初めてフィルタリング事業を開始し、00年には日本初の法人向け国産ウェブフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」の販売を開始した。それ以来、企業、官公庁、学校、家庭、ISP、携帯電話など、約1500万端末以上、全国の学校や教育委員会など、約2万校以上のフィルタリング導入実績がある。

 また、フィルタリングに用いられるURLデータベースは国内大手携帯キャリア3社に採用されており、過剰な規制や抜け漏れのない高精度なフィルタリングを実現している。