TwoFiveは11月10日、なりすましメール対策の送信ドメイン認証DMARC(ディーマーク)の認証結果レポート作成サービス「DMARC/25 Reporter」の提供を無償で開始した。

「DMARC/25 Reporter」の仕組み

 DMARCは「Domain-based Message Authentication, Reporting&Conformance」の略で、認証だけでなく、受信メールサーバー側からのDMARC認証結果レポート(DMARレポート)が重要となる。しかし、送信メールサーバー側のDMARC対応に比べて、受信メールサーバー側はDMARC対応が進んでいないのが現状で、送信・受信の双方の対応が揃わないとその効果は最大化できない。

 DMARC/25 Reporterは、受信メールサーバーにDMARCレポート作成機能がなくても、DMARC認証結果レポートを送信可能にするクラウドサービスで、受信メールサーバー側のDMARC対応を加速し、メッセージングに関わる企業・団体が一丸となって取り組まなければならない、なりすまし撲滅サイクル強化を支援する。

 具体的には、利用者がDMARC/25 Reporter用ソフトウェアを受信メールサーバーにインストールすると、TwoFiveが管理するクラウド環境DMARC/25 Reporterに認証結果データが定期的に転送される。自社で認証結果データ蓄積用のデータベースを用意する必要はなく、データ転送頻度は利用者が設定できる。

 また、DMARC/25 Reporterから、送信元のドメイン管理者あてに、DMARCレポートが一定の間隔で送信される。利用者は、DMARC/25 Reporterに蓄積された認証結果データ、レポート送信状況などをウェブUIで確認することができる。