エクセルソフトは、SmartBear Softwareのソフトウェア自動テストツールの新バージョン「TestComplete 14.70」の販売を10月20日に日本で開始した。


 TestCompleteは、ユーザーのキー操作、マウス操作を記録して、テストシナリオを自動生成し、ソフトウェアテストを自動化するツール。繰り返しテストで工数を削減し、短期間で高品質なアプリケーションの提供を可能にする。

 デスクトップ、ウェブ、モバイルアプリケーションに対応し、機能/回帰テスト/単体/データ駆動型テストの作成が可能。開発ツールに依存しないため、C#、Visual C++、Delphi、Javaデスクトップアプリなど、作成されたアプリケーションに関係なく、サポートするWindows OS上で動作するアプリケーションの操作を再現し、テストできる。Windowsアプリケーション以外にも、ウェブアプリ、モバイル(Android、iOS)など、幅広いアプリケーションのテストが可能。また、スクリーンショットの自動取得機能により、容易にテストの記録時とテスト結果のエビデンス(証跡)を残すことができる。

 今回の新バージョンでは、クロスプラットフォームウェブテストの並列実行をサポート。TestCompleteスクリプトテストから直接並列テストの実行を調整するための新しいParallelスクリプトオブジェクトを提供する。TestCompleteは、テストオブジェクトのよりわかりやすいマッピング名を生成する。これにより、記録されたテストの分析を簡素化できる。

 また、Androidテストを大幅に改善した。Androidアプリケーションをテスト用に準備する必要がなくなり、TestCompleteはテストまたはMobile ScreenからTestedAppsとしてアプリを起動すると、その場でこれらのアプリをインストルメントする。テストするために特別なビルドを作成する必要はない。

 このほか、iOSのサポート範囲の拡大、UXの改善などの変更を加えている。

 税別価格は、TestComplete Platform ノードロックが17万4000円、TestComplete Desktop モジュール ノードロックが17万4000円、TestComplete Web モジュール ノードロックが17万4000円、TestComplete Mobile モジュール ノードロックが22万6000円、TestExecute フローティングが12万4000円。