オービックビジネスコンサルタント(OBC)は11月12日、同社が提供する「奉行クラウド」「奉行クラウドEdge」が、インターナショナルシステムリサーチが提供する法人向けクラウド認証サービス「CloudGate UNO」と連携したと発表した。

連携イメージ

 奉行クラウドは、中堅中小企業のバックオフィス部門が安全・自由に活用できビジネスを加速できる業務クラウド。世界トップレベルのセキュリティで安心・安全に使うことができ、業務をデジタル化することでいつもの業務を今までよりも楽に簡単に行うことが可能となる。

 奉行クラウドEdgeは、従業員とバックオフィス部門をつなぎ業務プロセスを標準化して生産性を上げる業務クラウドサービス。紙やExcelを使った従業員の業務を奉行クラウドEdgeに置き換えることで、時間がかかっていた手作業による業務プロセスを改善し、従業員とバックオフィス双方の生産性を向上する。また、業務のデジタル化を通じたコスト削減にもつながる。

 CloudGate UNOは、クラウドサービスを「より安全に・より便利に」をコンセプトに、IPアドレス制限や時間別・国別アクセス制限などのセキュリティポリシーに合わせた柔軟なアクセスコントロールを実現する。また、FIDO2を利用したパスワードレス認証や生体認証、端末認証などのより強固な認証機能でセキュリティを高めることができる。

 今回、奉行クラウド、奉行クラウドEdgeとCloudGate UNOを連携することにより、バックオフィス業務に、セキュアな認証を備えたシングルサインオンをスピーディーに導入できるようになる。在宅勤務など多様な働き方の普及にともない求められるパスワードレスで様々なクラウドサービスと連携できる環境を、セキュリティと利便性を担保しつつ提供する。

 これにより、CloudGate UNOを導入している企業は、奉行クラウドと奉行クラウドEdgeを用いて都度ログオンすることなく、勤怠・会計・販売管理などの業務に素早く取り組むことができる環境を従業員に提供できる。

 OBCは、今後も一人一人の従業員の柔軟な働き方の実現と、業務生産性の向上を目指す中堅中小企業・グループ企業を支援していく考え。