ウシオ電機(内藤宏治社長)と東芝ライテック(平岡敏行社長)は12月1日、有人環境下で使用できるウイルス不活化・殺菌技術「Care222」を搭載した新照明システムを発表した。新製品はウシオ電機による「Care222 i-シリーズ ベーシック」と東芝ライテックによる「UVee(ユービー)ユニバーサルダウンライトタイプ」の2機種。紫外線のウイルス抑制・除菌能力を保持しつつ、人体に危険な波長をカットした照明により、人が集まる空間で利用できる。2機種とも21年1月から発売する予定。

 
 ウシオ電機と東芝ライテックは8月に業務提携を結んでおり、以来、両社は公共交通機関や施設での感染リスク低減に貢献できる製品開発を進めてきた。Care222 i-シリーズ ベーシックとUVee(ユービー)ユニバーサルダウンライトタイプはこの提携に基づき開発したもので、ウシオ電機が人体に優しい紫外線波長域のみを照射する「Care222 光源モジュール」を東芝ライテックに提供し、東芝ライテックが設計・製造・品質管理を担った。
 
Care222 i-シリーズ ベーシック
 
UVee(ユービー)ユニバーサルダウンライトタイプ

 新製品の特徴は、有人環境でも紫外線を照射できるだけでなく、人感センサーを内蔵し無人環境下でのみ照射できるモードや消灯を自動化できる。米国・産業衛生専門官会議で定められたUV照射に関する安全ガイドラインに従った照射量のコントロールが可能だという。
 
人感センサーを搭載し照射時間をコントロールできる

 新製品はオフィスや学校のほか、商業施設や公共施設など不特定多数の人々が集まる場所への導入を見込んでいる。両社では今後もCare222を搭載した製品ラインアップの強化を目指し、新型コロナウイルスの感染拡大防止に貢献していく考え。(銭 君毅)