キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は、企業に内在する大量のデータを有効活用し、顧客の業務改革や生産性向上、マーケティング戦略施策を支援する「データマネジメントサービス」の提供を12月9日に開始した。

データマネジメントサービスの概要

 データマネジメントサービスは、データ収集方法の検討から安全な管理・運用、実際の利活用までのデータマネジメントをワンストップで提供するサービス。顧客の要望に合わせながら、データマネジメントを推進するフェーズごとに最適な協業先とのコラボレーションを行うことで課題解決を図る。

 具体的には、多数のプロジェクト実績とその実績に裏打ちされた方法論PLANシリーズを保有するデータ総研と協業し、DMBOK2のガイドラインも取り入れたデータマネジメントのコンサルティングサービスを提供する。例えば、顧客の社内データ資産の管理状況を調査し、第三者視点で評価を行うことでデータの管理に関する強み・弱み・課題などを洗い出すアセスメントサービスを提供する。加えて、データマネジメント戦略の立案やデータガバナンスの策定、データマネジメントプロセスの設計や推進組織の立ち上げと人材の育成、データカタログの整備・管理など、様々なメニューを通じて顧客のデータマネジメントの推進を支援する。

 また、「カスタマーエクスペリエンス」や「顧客ロイヤリティ」といった顧客個人を軸としたデジタルマーケティングを行うためのデータマネジメントプラットフォームを提供する。さらに、豊富なデータ統合・連携の構築実績をベースとしたノウハウを用いてプラットフォーム上でのデータ統合を促進し、インプットデータの取り込みからアウトプットデータの抽出、その利活用、マーケティング施策への連携までトータルで支援する。トレジャーデータとブレインパッドと協業し、データマネジメントプラットフォーム導入とマーケティング施策実施の伴走・定着支援によりカスタマーサクセスを提供する。

 顧客の新たなビジネスを創造し、デジタルシフトを加速させるDX関連ソリューションの導入支援サービスを提供する。例えば、機械学習(DataRobot)によるデータ活用支援サービスとして、AI導入診断から業務課題解決・教育・伴走・定着化までを支援。そして、データ分析・可視化ソリューションとして、様々なBI関連製品の特徴を理解した経験豊富なコンサルタントが顧客に最適なソリューションを提案する。また、マーケティングオートメーション導入支援サービスとして、Salesforce Marketing Cloud(B2C)/Pardot(B2B)の導入支援・伴走支援により、顧客のデジタルコミュニケーション戦略に沿ったシナリオ作成や行動結果分析を支援する。

 セキュリティ面については、顧客の課題に応じてソリューションを最適に組み合わせた提案を行い、その後の運用・利活用までを考慮したコンサルティングにより、システムを安全に利用することが可能。国内外の個人情報保護関連の法規制への対応や情報漏えい対策なども含めて、顧客に寄り添ったサポートを提供する。

 今後、キヤノンITSはデータマネジメント領域で、23年までに20億円の売上高を目指す。