日本ネクサウェブとHexabase(ヘキサベース)は、マルチデバイスに対応したクラウドシステムのローコード開発・実行環境として、ウェブシステムの操作画面開発を支援する“マルチプラットフォーム対応UI/UX基盤”「nexacro platform」の最新バージョン「nexacro beyond」とクラウドシステムのバックエンドサービス「Hexabase」を共同で提供していくと発表した。

 ビジネス環境が素早く変化するなかで、企業規模や業種・業態を問わずDX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれている。一方で、システムの構成要素は多岐にわたり、個別開発とシステム統合に多くの期間とコストが必要だった。

 例えば、企業システムではユーザーが操作するフロントエンドと、データ管理やアクセス制御を担当するバックエンドに分かれており、従来のシステム開発では、この2つをそれぞれ開発したうえで統合することが必要だった。システム開発担当者は、フロントエンドとバックエンドで異なるテクノロジーを習得し、統合しなければならなかった。

 今回両社が共同で提供するnexacro beyondとHexabaseは、それぞれ企業システムのフロントエンドとバックエンドのローコード開発を支援する開発・実行基盤。両サービスを利用することで、フロントエンド・バックエンドでローコード/ノーコード開発を実現し、システムを完成させることが可能となる。両サービスは、すでに大規模システムでの実績があり、システム規模に関係なく利用できる。

 これによって、マルチデバイス・クラウドネイティブな企業システムの開発を革新できるとともに、システム開発の生産性向上による短納期化・低コスト化を図ることができる。また、開発作業の継続性を向上し、業務や市場の動向に合わせてシステムを最適化することが可能となる。