ニュース

Dropbox、「HelloSign」でシームレスな署名と日本でのデータ保存が可能に

2020/12/17 17:48

 Dropbox Japanは、同社が提供する電子署名ソリューション「HelloSign」を日本の顧客により身近なものにするため、12月16日にアップデートを実施した。

「HelloSign」の管理画面

 今回のアップデートにともない、すべてのDropboxユーザーがDropboxからそのまま法的拘束力のある電子署名の実行やドキュメントの共有が可能となることに加え、すべての署名プロセスを日本で完了し、ドキュメントをそのまま日本国内に保存できるようになる。

 今後、HelloSign Enterprise PlusプランまたはAPI Platinumから上位のプランを利用している顧客は、HelloSign内で署名が完了したドキュメント本文の保存場所として日本を選択することが可能となる。

 また、今回のアップデートでは、ストレージと署名ソリューションを組み合わせたネイティブな連携も実現。HelloSignは、電子署名機能を単体で利用できるが、さらにHelloSignをDropboxのネイティブ機能として組み込むことで、Dropboxから直接重要なドキュメントを送信・署名し、1カ所に保存することができる。完了すると、署名済みコピーが自動的にDropboxに保存され、複数の異なるワークフローを1つに統合できる。
  • 1

関連記事

テレワークを全面サポートする「Dropbox Spaces 2.0」、Dropbox Japan

<週刊BCN編集長が注目する 話題のプラットフォーム>ワークスモバイルジャパン ビジネスチャット「LINE WORKS」とオンライン共同作業場「Dropbox Business」を連携

Dropbox Japan 共同編集・同時編集でテレワークを効率化 Dropbox Businessのスマートワークスペース

外部リンク

Dropbox Japan=https://www.dropbox.com/ja/business

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>