日立システムズは、顧客の業務改善を支援するため、エンタープライズ向けインテリジェントオートメーションのグローバルリーダーである英Blue Prismのテクノロジーを活用したPaaS型サービス「クラウド型 RPA with Blue Prism」の販売を12月21日に開始した。

「クラウド型RPA with Blue Prism」の適用イメージ

 クラウド型 RPA with Blue Prismは、日立システムズがBlue Prismのインテリジェントオートメーションを活用し、短期間でRPAが利用可能なクラウドサービスをPaaS型サービスとして提供するもの。

 パブリッククラウドを活用したPaaS型サービスであるため、顧客によるハードウェアやロボットの利用ライセンスを含めたITインフラの調達・構築が不要となり、RDAやRPAをオンプレミス型で構築するよりも短期間・低コストでRPA環境の利用が可能となる。さらに、顧客は時間や作業場所に縛られることなく、より柔軟に自社業務の自動化を推進することができ、RPA環境を全社拡大する場合でも、短期間で整備することができる。

 また、ロボットのスケジュール実行などを管理するサーバーを標準で装備しており、自動化された業務の実行状況やロボット改ざん防止状況などを確認できるため、ロボット全体を統括した管理を実現できる。

 ロボットの開発・保守については、同サービスを利用することで顧客がリモート環境で実施できる。また、「Blue Prism Delivery Provider」認定を有した経験豊富な日立システムズの人材によるロボット開発支援やロボット維持運用サービスを活用することで、運用性の高いロボットを効率よく開発できるほか、環境全体を考慮したロボットの運用スケジュール設計などが実現できる。

 今後、日立システムズでは、同サービスを新規でRPA導入を検討している企業だけでなく、すでにRDAやRPAを導入している企業にも販売することで、さらなる業務の自動化を顧客のタイミングで柔軟に推進することをサポートする。さらに、各種クラウドのAIサービスや日立システムズの製品・サービスと連携したBlue Prismのテンプレートやオブジェクトなどの部品を拡充することで、顧客のさらなる業務効率の向上を支援していく。

 価格は個別見積もりとなる。