日立システムズは、現場のデジタル化を支援するため、一般消費者が来店する金融機関、保険販売、自動車販売、不動産販売などの営業店舗での紙帳票や、各種業務システムで利用する紙帳票を電子化することで紙の運用に関わるコストを低減するとともに、API連携により情報システム部門や窓口担当者の業務効率化を実現する「DX(デジタルトランスフォーメーション)ペーパーレス基盤サービス」の販売を12月16日に開始した。

サービスのイメージ図

 DXペーパーレス基盤サービスは、金融機関の窓口業務負荷軽減や効率化を目的に個別開発で実績を積んできたノウハウを基に開発したもの。電子帳票と各業務システムとの連携や電子帳票の保管方法、さらには、電子化対応業務の拡大に向けた要件整理やアセスメントの実施なども含め、業務の全体最適の観点からシステム基盤を設計、構築することにより、これまで業務システムごとに発生していた個別開発部分を共通化し、紙帳票の電子化におけるトータルコストを削減する。

 紙帳票を電子化する機能を各業務システムごとに実装するのではなく、各業務システムが共通に必要とする機能を独立のレイヤーとして実装することで、低コストでの紙帳票の電子化を実現する。また、現在運用している既存の紙帳票のフォーマットや項目を変えることなく電子化を可能とすることで、電子化のための大幅な業務フローの変更を不要とし、情報システム部門や店舗の窓口担当者の業務負荷を抑えた形でペーパーレス化が実現できる。

 さらに、紙が主流の業務や紙記入の運用を極力変更したくないという現場のニーズに対応し、専用バインダー上で紙帳票に手書きすることで紙帳票自体を残すと同時に、手書きの内容を改めてシステムに入力する手間を省くオプションサービスも準備している。

 同サービスを導入することにより、情報システム部門や営業店舗の窓口担当者の業務効率化を実現し、企業の働き方改革などを推進できる。加えて、窓口来店者の入力負担の軽減や手続き時間の短縮が可能となることでサービス向上にもつながる。

 今後、日立システムズは、金融機関、保険販売、自動車販売、不動産販売などの窓口業務だけでなく、あらゆる業種に向け同サービスを拡販していく。また、日立システムズの様々なデジタライゼーションサービスと連携させることでさらなるデジタル化を支援していく。

 税別価格は、パッケージ基本ライセンス費が100万円(100ユーザーの場合)、初期導入費が個別相談、帳票ライセンス利用費が月額10万円/1帳票から。