オービックビジネスコンサルタント(OBC)は、全ての企業で“すぐに・かんたん・手軽な”法人向けキャッシュレスサービス「奉行Edge キャッシュレスクラウド」を1月28日に発売する。

経費の利用から仕訳まで一連のプロセスを自動化

 奉行Edge キャッシュレスクラウドは、経費の利用を法人専用のプリペイドカードに変えるだけで、会計仕訳まで一連の業務プロセスを自動化することができるサービス。また、キャッシュレス運用を標準化するためのガイドブックを提供することで、業務ルール・規程の作成を容易にし、最短1週間でキャッシュレス化を実現する。

 具体的には、累計65万社の導入実績をもつ奉行シリーズの業務ノウハウを凝縮した従業員向けサービス「奉行クラウドEdge」と、法人用キャッシュレスプリペイドカードを提供するTOMOWEL Payment Serviceの「Bizプリカ」、会計・税務コンサルティングのプロフェッショナルであるアクタス税理士法人が監修した「キャッシュレス運用ガイド」を全てオールインワンで提供する。

 従来まで現金や個人のカードで支払っていた立替経費をサービスで提供されるカードを利用することで、カードの利用明細から自動的に仕訳を起票することができる。また、領収書はスマホから画像データで提出でき、自動的に仕訳に添付されるため、手作業が不要になる。

 提供されるカードは、事前にチャージするプリペイド式のため、与信審査が必要なく、すべての企業ですぐに利用を開始できる。また、Mastercardブランドのため、国内・海外問わずさまざまなシーンで利用することができる

 法令に沿った運用を税理士が提供するガイドで標準化しており、初めてのキャッシュレス運用から、電子帳簿保存法対応による証憑のデジタル化まで、全ての企業で迷うことなく実現することができる。

 同社では今後、奉行シリーズの顧客を中心にキャッシュレス化を推進するとともに、中小企業の業務のデジタル化とデジタルトランスフォーメーションの実現を支援していく考え。

 税別価格は、従業員20人の場合、年間利用料7万2000円からとなる。