ピー・シー・エー(PCA)は、中堅・中小企業と非営利法人向けに提供する基幹業務サービス「PCAクラウド」の新サービス「PCAクラウド on AWS」の提供を4月9日に開始する。


 PCAクラウド on AWSは、アマゾンウェブサービス(AWS)上で稼働するサブスクリプション(定額)サービス。顧客の運用に合わせて、月額契約または年額契約でPCAソフトを利用することができる。パッケージを購入することなく、プログラムをダウンロードして必要な期間だけ利用できる。

 AWS上で、24時間365日プログラムが利用可能。追加費用なしで、常に最新のプログラムバージョン(またはリビジョン)を利用することができる。また、電話やリモートでのサポートに対応している。さらに、PCAクラウドでは有償となるWeb-APIを標準で搭載しているため、Web-APIの追加費用なしで、さまざまな連携が実現できる。

 PCAでは今後、従来の買取型パッケージ(オンプレミス製品)に加え、サブスクリプションサービスのPCAサブスク、PCAクラウド、PCAクラウド on AWSと複数のサービスを展開していく。また、3カ月間無償でテスト環境を提供しており、速度などを確認したうえで安心して導入することができる。

 PCAクラウド on AWSのサーバー利用ライセンス(1CAL)は、月額7700円から、年額9万2400円からとなる。