ピー・シー・エー(PCA)の業務系クラウドサービス「PCA 会計 DXクラウド」とOSKの統合型グループウェア「eValue V」が、2020年12月からAPI連携できるようになった。両社は競合ベンダーによる新しい協力の形を示し、相乗効果でビジネスの拡大を期待している。自前主義が主流となっている業務ソフトの領域で、今回の取り組みは、ベンダーの垣根を越えた連携が広がる一つのきっかけになる可能性がある。(齋藤秀平)