ニュース

富士通クラウドテクノロジーズ、「ニフクラ」と「FJcloud-V」でDevOps環境を提供

2021/03/26 10:47

 富士通クラウドテクノロジーズは3月24日、パブリッククラウドサービス「ニフクラ」および「FJcloud-V」でDevOps環境を構築できる、「DevOps」(サービス名)のベータ版を無償で提供開始した。

「DevOps(ベータ版)」サービスの利用イメージ

 このサービスでは、幅広いDevOpsのライフサイクルに対応するソフトウェア製品「GitLab」を、マネージドサービスとして提供する。顧客専用のGitLabサーバー環境を提供し、顧客は簡単かつ迅速に自社用のDevOps環境を手に入れることができる。

 また、富士通クラウドテクノロジーズはGitLabとの販売代理店契約を締結し、3月1日から「GitLab Enterprise Edition」のライセンス提供を開始している。よりセキュアな利用や、高度な案件管理、マルチ開発グループ対応、コンテナスキャンなどの機能を求める顧客は、富士通クラウドテクノロジーズから購入したGitLab Enterprise Editionのライセンスを適用することができるという。

 今後は正式版の提供に向けて機能の拡充を進めていくと共に、DevOpsに関するトレーニングなどを通じ、顧客の生産性向上やデジタルトランスフォーメーションを支援していくとしている。
  • 1

関連記事

富士通 クラウド+構築・運用支援で売上高1兆円目指す ニフクラを大企業向けに“格上げ”

KeyPerson 富士通クラウドテクノロジーズ 代表取締役社長 新見昌弘

デジタルビジネスで急接近!OSSとSIの密接な関係 SIerの競争力に大きな影響を与える

外部リンク

富士通クラウドテクノロジーズ=https://fjct.fujitsu.com/

GitLab=https://about.gitlab.com/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>