コマツ、NTTドコモ、野村総合研究所(NRI)、ソニーセミコンダクタソリューションズの4社は4月30日、建設業界のDXの取り組みを支援する新会社EARTHBRAINを設立すると発表した。事業開始は7月を予定している。

 コマツは現在、建設現場向けICTソリューションとして「スマートコンストラクション」を提供しているが、新会社はその機能拡充と海外展開に取り組む。将来的には、4社が保有する知見やノウハウ、技術を組み合わせ、次世代スマートコンストラクションを提供する予定だという。

 次世代スマートコンストラクションでは、建設現場の地形や機械・労務・材料に加え、安全・環境面も含めて、遠隔からリアルタイムでモニターしたり、分析・改善できる環境の構築を目的として、デバイスやアプリケーションを開発・提供する。これにより、現場のデジタルツイン(バーチャル空間に現実空間を再現してシミュレーションする技術)をつくり、全工程をデジタル化してコントロールすることで顧客の生産性向上を支援する。

 EARTHBRAINの資本金は153億7000万円。出資比率はコマツが54.5%、ドコモが35.5%、NRIが5%、ソニーセミコンダクタソリューションズが5%。