PTCジャパン(PTC)と日本システムウエア(NSW)は、建設業界を対象として、デジタルエンジニアリングの選定、管理システムやオペレーションの高度化などを図り、IoTプラットフォームの提供と新しいビジネスモデル構築の支援に向けて協業する。

 今回の協業では、PTC製IoTプラットフォーム「ThingWorx」、AR開発プラットフォーム「Vuforia」、PLM(製品ライフサイクル管理)の「Windchill」を活用し、NSWと連携してデジタルツイン環境を構築する。具体的には、ThingWorxで建物の維持管理、作業員の健康管理や業務管理、竣工状態の分析や将来の予測などを可視化し、Vuforiaをつなげて建設業務の設計や現場での測量、設計3Dデータの整合などを行う。

 また、Windchillで概算費用の記録や調達計画と原価企画の管理、施工計画/工程までを含む分散されたさまざまなデータの一元管理を可能にする。

 デジタル構築を強みとするNSWは、建設業界向けソリューションとしてThingWorxを活用したIoT、スマートグラス、BIM(Building Information Modeling)関連製品などに加え、AIを活用した画像解析などを網羅。音声認識による100%ハンズフリーを実現するRealWear製産業用スマートグラス「HMT-1」やBIMとIoTを融合したソリューションなどを提供している。

 今後、PTCとNSWは、デジタルツインの環境を提供するとともに、建設業界で注目されている施設や建物の維持、保守業務など、継続した収益を見込む新しいビジネスモデルの構築を支援していく。